に投稿

XMTradingの口座に入金する

口座の認証とMT4&EAの設定が済みましたら、口座に入金をしていきましょう。

※口座の認証とはXMTradingの本人確認の認証ではなく、EA開発者の認証です。認証後の入金でないとEAが正常に作動しませんので、ご自身の状況がご不明の際は、公式LINEよりお問合せください。

まずXMTradingにログインします。

自分のアカウントの入金したい口座を確認して、右側の「入金」ボタンをクリック

入金方法をクリック。

銀行口座の場合はLocal Bank Transferをクリック。

※クレジットか銀行振り込み以外の入金方法をご希望の方は、XMTradingのサポートにお問合せください。

Local Bank Transfer(銀行振り込み)をクリックしますと下記の注意事項が表示されます。

必ずご参照ください。特に2、3、4は重要です。

※入金方法が、現在は下記の方法とは異なる場合があります。

  1. 一回の最大送金額は JPY 3,000,000ですので、ご注意ください。
  2. 各参照番号は一度しか利用できないため、入金を行うたびに都度新しい参照番号を取得する必要があります。
  3. すべてのご入金は、XMTrading口座のご氏名と同じご氏名にて登録されている口座から、英語のアルファベットのみを用いて行ってください。
  4. 非常に重要: お振込み手配時に、お振込人名義にローマ字表記のご氏名の隣にBXONEの入金ページに記載されている参照番号を必ず追記ください。 振込人名義にお客様のご氏名や取得した参照番号のいずれかが欠けていますと、MT4/MT5取引口座への入金反映に遅延が生じます。
  5. お振込のご入金手配時に、送金者名の横に参照番号の入力ができない銀行から入金した場合は、ご登録済みのEメールアドレスから support@xmtrading.com 宛てにご入金を報告ください。そちらのEメールにお客様のMT4/MT5口座番号、送金額を記載し、対象の振込明細画像(送金日、送金額、送金者名、送金元の銀行名および受取人名等の関連情報全てが記載されたもの)を添付して入金をご報告ください。
  6. XMTradingは、国内口座へのJPY 10,000以上のご入金に伴い発生する手数料を負担いたします。(国内の振込手数料はこれに含まれません。) XMTradingが支払うべき手数料のみ弊社で負担いたします。お客様の銀行によって請求されるその他費用は弊社負担となりません。
  7. 入金金額が10,000 JPY,未満の場合、1,500 JPYの手数料が差し引かれて反映されます。
  8. 振込人名義が BXONEの入金ページに説明されている形式と同一である場合には、XMTradingはお客様の資金の着金後1時間以内にお口座へ資金を自動反映させ、お客様に確認Eメールを送付いたします。(土日および祝日は除きます)その後すぐにお取引を開始いただけます。振込人名義が上記のものと一致しない場合は、MT4/MT5取引口座への入金反映に遅延が生じます。
  9. 利益を含む、全資金の銀行電信送金による出金は、入金元へのみ行っていただけます。

注意事項を読まれましたら、下記に入金額を記載いたします。

こちらの入金額と振込額に相違がありますと、入金反映にお時間がかかるためご注意ください。

特に、ありがちなのは一気に入金しようと思って1,000,000JPY(100万円)と入金額を入力して申請したが、いざ入金する際に、銀行振り込み限度額が50万だったので2回に分けて入金した場合など、(私自身、この経験があります。。。問い合わせしたり大変でした。)

注意事項2にもありますが、「各参照番号は一度しか利用できないため、入金を行うたびに都度新しい参照番号を取得する必要があります。」とあるため、入金額に応じて参照番号(振込人名と併せて記入する番号)をその都度取得する必要があります。

下記の通り、振込先が表記されます。

※下記の画像は「例」ですので、実際の画像を必ずご確認ください

銀行名や口座番号、手続き方法も変更される場合があります

口座番号を振込人名の前に入力する場合もございます。

度々、変わることがありますので、必ず毎回、手順を確認して行なってください。

上記の内容を確認して、ご自身の銀行口座から振込手続きを行なってください。

名前も全て英字で入力する必要があります。

もし、こちらの番号を確認したあとに、予定していた入金額が振り込めない場合は、

初めからやり直して、振り込める入金額を入力し、参照番号を取得してください。

振込予定額と実際の振込額に相違があると入金の反映に数日かかるか、問い合わせが必要になる場合がございます。

万が一間違えてしまった場合は、サポートセンターにメールをして対応してもらってください。

サポートセンターメールアドレス: support@xmtrading.com

もしくは、XMTradingのマイページのサポートよりお問合せできます。

に投稿

運用資金はいくら必要ですか

運用を始める際に、

『運用資金はいくら必要ですか?』

『いくらからスタートすればいいですか?』

とよくご質問をいただきます。

誰しも思われるのではないでしょうか。

私もそう思いましたので、わかります。

まずは最低運用資金の30万円からスタートをしてみてください。

そして、慣れてきましたら100万円で運用されるのがおすすめです。

なぜかと申しますと、

エリザベス(ユロドル)は、最低運用資金が30万円です。
30万円に対して設定ロットは0.01ロットになります。

いきなり大きなお金を入れて運用される方もいますが、EAに慣れていない場合はまずEAの特性や特徴を知ることが大事です。

まだよくわからないツールやシステムに、始めから余剰資金の全額を入れるのではなく、最低運用資金から始めて元本回収できたら資金を増やしていくことを推奨します。

余剰資金全額を入れて、万が一ロスカットになった場合、再スタートが難しくなりFXの世界から退場せざるを得なくなります。

そのため、仮に50万円の余剰資金があるのであれば、

・ジェイド(1H足) → 30万円

でスタートすることをお勧めします。

そうすれば、万が一ロスカットになったとしても、また10万円足せば運用を再開することができます。

(直近1年間は推奨ロットを守り、停止推奨日は無理に稼働しなければロスカットはありませんでした。)

停止推奨日でも、年末の1週間のみ危険でしたが、推奨ロットではロスカットしていません。

ただし、それはたまたま良い日が続いたとしか言えません。

絶対ロスカットにならないEAはないからこそ、まずはリスクを低くしてスタートすることが大切です。

始める前の2〜3ヶ月はできる限りデモ口座を見てもらうことをお薦めしておりますが、

自分のお金で運用していないと、デモ口座だけを見ていても、イマイチ実感が湧かないものです。

本当に自分が運用した時に同じ動きをするのか?など心配される方もいらっしゃるでしょうね。

基本的には同じジェイドを入れた場合は同じ動きになります。

うちは夫婦で各自2口座ずつ、計4口座運用しているのですが、1つだけ微妙に利益が違う時があります。

数円とかですが。。でも他は一円単位で全く同じです。

※同じ時間でオンオフがされていないとポジションの入り方が(エントリーがbuyだったりsellだったり)違う場合はございます。残っているポジション(含み損)によって、EAが試算、判断してエントリーしているためです。

まれに手動でいじった際に(どこをいじったのかは不明ですが)、EAのロジックが崩れることがあります。

デモ口座とあまりにも利益やポジションの入り方が違うな、と感じたら、ジェイドEAを入れ直してください。

■ジェイドEA入れ直しは↓こちらのページをご覧ください。

慣れてきたら100万円での運用が良い理由

初めは30万円からスタートして、慣れてきたらなぜ100万に上げた方がいいのか

それは単純に、できる限り安全に、月に10万円は不労所得を得てほしい。

また私ならそれが一番理想的と考えるからです。

30万円の方が、もしロスカットした時に3分の1以下で済むかもしれませんが、30万円でも無くなったら絶対に嫌ですよね。

30万の場合、推奨ロットの場合フル稼働でも月の利益は5万円前後です。

ですが、0.01ロットがミニマムなので、それ以上下げることはできないため、重要指標の時や停止推奨日は念の為停止するしかありません。

※直近1年間は推奨ロットでしたら停止推奨日もロスカットはしておりませんが、今後もしないとは限りません。

100万円あれば、危ない日でも0.01ロット(推奨ロットの3分の1)で回せば、少ないながらも利益は出ますし、停止推奨日に停めても、月に10万弱の利益は出ます。

また長く運用されている方はご存知だと思いますが、停止推奨日以外でもロスカットする時もありますし、停止推奨日でも大丈夫な日の方が多いです。

なので私自身は、できる限り安全に、少なくても利益を出し続けてほしいと考えます。

普段は推奨ロットで、危険日は推奨ロットよりも1〜2下げての運用も100万円なら可能なのです。

フル稼働ですとMAX20万円前後の利益が出ますが、それはさすがにリスクが高すぎて推奨できません。

私自身、週末以外はフル稼働で運用していた時期もありました。

推奨ロットならなんだかんだ大丈夫だろうと。

実際、運良く大丈夫でしたので、半年ほどで100万以上の利益を出すことができました。

ただ、それはたまたま運が良かっただけで、今後もそれが通用するとは限りません。

もちろん、そこは自己責任ですので、皆さんが運用をどうされるかは自由ですが、ロスカットは絶対にしたくないのが同じ気持ちではないでしょうか。

なので、停止するのはもったいないと思われる時は、ロットを下げて運用するのも一つの手だと思います。

市場が不安定な時や、年末年始や年度末、年度明けはそれも控えた方がいい時もあります。

重要指標や停止推奨日についてはオープンチャット↓で配信中

FX自動売買【指標&デモ口座実績配信】

■実績公開口座にご興味頂けた方はコチラ↓

●ジェイド(ユーロドル)フル稼働版

ID:160036120
PW:EAdemo!888
XMTrading-Demo 6

ロット:0.03

●ジェイド(ユーロドル)夜中に停止する設定

(23:00〜9:00まで停止)

ID:160033370
PW:EAdemo!888
XMTrading-Demo 6

ロット:0.03

※上記、デモ口座はスマホアプリでご確認いただけます

アプリのインストールはコチラ↓↓

iOS

https://apps.apple.com/jp/app/metatrader-4/id496212596

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.metaquotes.metatrader4

に投稿

VPSサーバーの契約〜EA設定までの手順

目次

リモートデスクトップ接続のためのVPSサーバー契約

FX自動売買をするために、MT4が必要になります。

MT4がなんなのか気になる方はコチラ

MT4を入れるために絶対ではないですが、VPSサーバーの契約が必要になります。

ご自身のPCのサーバーを使うとサーバーの負担が大きいからです。

↑かならずVPSとついているものを申し込んでください

コチラから申し込みされますと12ヶ月以上の契約で以下の特典がもらえます。

2GB:1,000円割引

4GB:2,000円割引

※1つのアカウントでしたら2GBで問題ないです

Windowsがついていないchrome bookなどのみで設定をされる場合

は、こちらをご契約ください↓↓

Xserver VPS for Windows Server

コチラから申し込みされますと12ヶ月以上の契約で以下の特典がもらえます。

2GB:2,000円割引

4GB:4,000円割引

Chrome bookをご利用の方で、こちらのVPS for Windowsのプランに

『VPS for Windowsリモートデスクトップ』プランがあります

Chrome bookなどでの設定が簡単でおススメです

その方は『VPS for Windowsリモートデスクトップ編』のマニュアルをご覧ください

設定はWindows機能がある通常のPCを使い、運用チェックや2台目としてChrome bookを利用される方は(XserverVPS)プランで問題ありません

どちらがいいかお悩みの方は公式LINEよりお気軽にご相談くださいませ。

お申し込み後の流れ

サービスの利用開始は、申し込み後、

『【Xserverアカウント】■重要■VPSアカウント情報~ 』という確認メールが届きます

そちらを必要事項を入力して返信すると1~2時間程度で完了します

返信しなくても4~5時間で完了します

完了するとメールにて案内が届きますので、そちらをご確認ください

※この後、リモートデスクトップ接続の設定~EA導入の流れとなりますが、EA導入前に必ず運用口座番号のご連絡をお願いします

口座の認証が済んでいないままEAを設定されますと、正常に自動売買のシステムが稼働しない場合がございます。

サーバー設定の完了のメールが届いたらログインして確認

リモートデスクトップ接続のためのアプリケーション設定

再インストールが開始されますので「OK」ボタンをクリックして完了してください。

完了画面のスクリーンショット

VPSパネルトップ「VPS情報」の「イメージタイプ」にて再インストールした内容を確認することができます。

イメージタイプの確認

左サイドメニューの「パケットフィルター設定」をクリックしてください。

左サイドメニューの「パケットフィルター設定」をクリックするスクリーンショット

パケットフィルター設定の「ONにする(推奨)」にチェックを入れる

「ONにする(推奨)」にチェックを入れるスクリーンショット

「変更する」ボタンをクリック

「変更する」ボタンをクリックするスクリーンショット

「OK」ボタンをクリックし、完了してください。

「OK」ボタンをクリックするスクリーンショット

コンソール接続

「コンソール」から接続するとデスクトップ画面が表示されます。

正常に接続できるとUbuntuデスクトップ画面が表示されます。

【注意事項】EA導入の前に

次ページより、MT4のダウンロード~EA導入の流れとなりますが、

EA導入前に、必ず運用口座番号のご連絡を公式LINEにお願いいたします。

※EA開発者より口座認証を行ないます。

公式LINEはコチラ

MT4のダウンロード

VPS(リモートデスクトップ)画面に切り替わりましたら、 VPS(リモートデスクトップ)画面上のChromeをクリック  

①リモートデスクトップ上のGoogleChromeで『XMTrading mt4』と検索する

『MT4-Metatrader4取引プラットフォーム-XMTrading』をクリック

下の画面が出てきます

②ダウンロードのボタンを表示する必要がありますので、表示されている画面を動かします。

リモートデスクトップでは、マウスのスクロールが利きませんので、

右側のスクロールバーを使って、ダウンロードボタンが出てくるまで下に移動してください。

③この通りダウンロードのボタンが表示されましたら、クリックしてダウンロードします。

↓④クリックすると、右上にダウンロードファイルが出ます。

ダウンロードファイルをクリックしてください。

口座にログイン

ダウンロードが完了すると、下記のログイン画面が開きます。XMTradingの取引口座にログインします。まずサーバーを選択します。①を参照して口座のサーバーを選択します。

※ただし、念のため必ず確認しましょう。

※こちらのパスワードは初期パスワードです。ログインパスワードを変更した場合でも初期パスワードで設定が必要です。設定後にはログインする必要はないですが、まれに忘れた頃にサーバー更新などで再設定が必要になる場合があります。その時に初期パスワードも必要になりますので、必ず初期パスワードは永久保存をお願いいたします。

接続の確認

正常にログインができれば、右下部分がこのように変わります。

正常にログインできていない場合は、右下部分が回線不通と表示されます。

回線不通と表示された場合は、ログイン情報が間違っていますので、前ページに戻り、

ログインID(口座番号)、パスワード、サーバー名をもう一度確認して入力しましょう!!

※回線不通は、必ず口座番号、パスワード、サーバー名のいずれかが間違っています。

もしログインがうまくいかなかった場合は、ダウンロード後、下記の画面からログインできますので、

下記の通り、再度ログインをしてみてください。

MT4の詳細設定

チャートを大きくしすぎると画面からはみ出してしまい余計見づらい場合もあります。

右下の角で大きさを調整できますので、そこで微調整されるのがいいかもしれません。

MT4にジェイドEAを設定

MT4にログインができましたらジェイドEAをリモートデスクトップ上にダウンロードしてください。

■EAファイル(ジェイド)

https://drive.google.com/file/d/1L176plLzAelnySSFtTCr7NlPfeSPUa7V/view?usp=sh

①デスクトップ上でファイルリンクをクリックします

※上記ファイルをGoogleドライブや、ご自身のGmailなどに送っておくか、

このブログをリモートデスクトップ上で検索して開いて、ジェイドファイルを開けるようにしてください。

パソコンでコピーしたリンクなどを、リモートデスクトップ上にペーストすることができないのでご注意ください。

リモートデスクトップのダウンロードファイルをクリック

ダウンロードフォルダ内の『ジェイド.exe4』を右クリック→コピーする

ファイルの上で右クリックできると、右上の画像の通り、『コピー(C)』の表示が出ます。

『コピー(C)』がない画面はファイルの上で右クリックできていないということです。

※Windowsの方は、コンソールでリモートデスクトップを開くとカーソルが表示されないのでやりづらいですが、手探りでやられるか、Windowsツールのリモートデスクトップ設定を行ってログインされるとカーソルが出ますので、やりやすいかもしれません。

Windowsツールの設定が少し面倒なので、どちらがいいかはお任せいたします。

私自身は、スマホからもログインできるコンソール接続に慣れてしまい自動売買のオンオフくらいしかやらないので、Windowsツールからのリモートデスクトップ接続は使っていません。(設定はしましたが。。)

Macの場合、コンソール接続でもカーソルが出ますので、リモートデスクトップ設定は必要ないかと思いますが、されたい場合は↓をご参照ください。

「ジェイド.ex4」のデータをコピーして貼り付け

①MT4を開きます。

②MT4の左上の「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択します

チャートの表示を1H足に変更する

1H足の場合は、上段にある「1H」をクリック

※必ず設定したいローソク足にしてください。他の足で設定するとリスクが高くなったり利益が出なかったり不具合が生じます。

↑の画面では自動売買がONの状態ですが、必ずポジションが入っていない状態&自動売買OFFの状態で変更してください。

ジェイドEAの詳細設定

チャートをクリックしエキスパートアドバイザの左側の「+」をクリックし

「ジェイド」をドラッグ&ドロップしてチャート上にもっていきます

パラメータの入力を設定する

ジェイドは、基本的にはLotsの設定のみになります。

推奨設定:運用資金30万円=0.01lot 以降、30万円毎に0.01ロットずつあげることができます。

※100万円運用の場合は、0.03ロット、60万円運用の場合は、0.02ロットになります。

ただし、利益は少なくてもいいからロスカットのリスクを少しでも減らしたい方は、推奨より1個下げて運用することをお薦めします。

私も目標の利益が貯まるまでは、推奨ロットより1つ下げて運用しました。含み損が大きくなった時も、ロットを下げてることで少しは冷静になれたと思います。

だからと言って必ず安全というわけではないですし、デモなどを見ていますと、結果推奨ロットでも無事に利確していました。ですが、それでもロスカットの恐怖が少しでも減らせるなら、利益が多少減っても良かったと今でも思います。

※各証券会社によってレバレッジ規制があります。

レバレッジ規制がかかると証拠金維持率が一気に下がりロスカットになる確率が高まり危険です。

全ての口座合わせて、元金+利益が40,000USD(米ドル)以内に収まるようお気をつけください。

自動売買のオンオフの操作

自動売買のオンオフは下記より操作ができます。

※パラメータの入力や、設定の見直しは右上のニコちゃんマークをクリックすることでもできます。

ロットを変更したい時などはニコちゃんマークをクリックして変更するのが便利です。

2つ目の運用口座用のMT4の設定方法

MT4のダウンロード~と同じ手順で、MT4ダウンロード画面からMT4をダウンロードします。

1つ目の時はすぐ『次へ』をクリックしましたが、

2つ目はダウンロード前にファイル名を変更する必要があります。

2つ目の口座の設定

1つ目の口座にログインからMT4にジェイドEAを導入まで

全て同じ手順で行ってください。

※ただし口座ログインの際に、IDが2つ目の口座番号とサーバー名になりますのでお間違いなく。

1つの口座でしか運用する気がない方は一旦1つだけ設定するでも構いません。

MT4の起動を許可する

2つ目のファイルをダウンロードして設定が終わりますと、下記の通りリモートデスクトップ上で1つ目のダウンロードしたファイルも開けない状態となります

下記の通り、ファイルが開けるようになります。

Server(サーバー)を再起動する

2つともMT4の設定が全て済んでファイルの起動を確認できたら、サーバーを再起動します。

2つ目の口座のMT4の立ち上げ方

表示の切り替えはタスクバーのアイコンを左クリックすると2つ画面が表示され、

口座番号が出ますので切り替えたい口座画面をクリックします。

2つ目のMT4が開かない時

2つのMT4が開けましたら、以上で設定は終了です。

もしご不明な点があればお気軽に公式LINEよりお問合せください。

に投稿 コメントを残す

運用する証券会社は選べますか?

運用できる証券会社についてお伝えいたします。

FXの証券会社はたくさんありますが、設立からある程度の月日が経っており、

ライセンスもしっかり取っている安全な証券会社のみ紹介いたしております。

現在、紹介している海外証券会社は下記の2つのみとなります。(2024年4月現在:HFMは準備中)

・XMTrading

・HFM(準備中)

XM Trading口座開設

新規口座開設の方はこちら。

https://clicks.affstrack.com/c?c=893732&l=ja&p=1

既にXMの口座を持っている方は下記のリンクからログイン後、
追加口座を開設して下さい。

https://clicks.affstrack.com/c?c=893732&l=ja&p=22

HFM口座開設

新規口座開設の方はLINEにて「HFM口座開設希望」とメッセージを送信をお願いいたします。

に投稿 コメントを残す

スマホアプリで取引状況を確認する

取引状況はPCだけでなくスマホからも確認することができます

目次

MetaTrader4のアプリダウンロード

App storeかPlay storeで

『MetaTrader4』と検索

MetaTrader5もありますが、4ですのでお間違いなく☆

開くと「新規口座」と記載されているのでクリック

「既存のアカウントにログイン」をクリック

検索窓にサーバー名を入力してください。

XM Trading-Real ◯◯◯ 

→◯◯には自分のサーバー回線を記入

※XMの開設をした時にメールで案内がきています。

ログインIDとパスワードを入力しサインインをクリック

ログイン:口座番号

パスワード:口座開設時のパスワード

MT4の見方

下にある「トレード」をクリックすると

現在のトレード状況や残高などが確認できます。

※ポジションを持っていない時は、画像のような画面になります。

※ポジションを持っている時は左記のような画面になり、数字は常に変動しています。

基本的に、上に出る数字はマイナスであることが多いです。

下にある「履歴」を押すとこれまでの損益が表示されます。

上に、日、週、月、カスタムとありますので、1日単位の利益や月単位の利益が見たい場合はこちらで操作します。

下に「チャート」の項目がありますが、EURUSDチャートの動きを確認したい時は「チャート」をクリックすると見ることができます。

※ただし、画像のようにEURUSDが入っていれば問題ないですが、気配値にEURUSDが入っていない場合は表示することができないので、 EURUSD追加する必要があります。

気配値のページの右上の+をクリックします。

次に「Forex2」をクリックします。

EURUSDと書かれているところで「+」を押すと気配値に反映されます。

下の画像にはEURUSDはないですが、気配値のページにない場合は、こちらにありますので探してみてください。

携帯からポジションを手動決済する方法

①手動で決済したい場合、ポジションがある部分を長押しすると

下記のような画面が出ますので「クローズ」をクリック。

②そうすると下記の画面になりますので、オレンジ色の所をクリックすると手動で決済が可能になります。