に投稿

FX自動売買をするために必要な経費って毎月いくら?

こちらでは、FX自動売買をするための経費についてご説明いたします。

まず、FX自動売買をするために必要なものは、

1,パソコン

2,インターネット回線

3,運用資金(例えば100万円※)

※運用資金は私や他人に預ける必要はありません。お金を預かって運用するというのはほぼ詐欺です。気を付けましょう。

以上の3つだけです。

では経費はいくら必要なのでしょう。

1,VPSサーバーの契約費(月額1,000円~3,000円)

年間契約にすると安くなります。口座数や運用するMT4の数にもよりますがMT4、6個までなら

ミニマム1,000円前後です。

iPadやクロムブックなどタブレットでのみ設定や運用をする場合は、VPSサーバーfor WINDOWS リモートデスクトップオプションをつける必要があるため3,000円程度かかる場合もあります。

2,インターネット回線費用

以上の2つのみです。

インターネット回線を引かれていない方はあまりいらっしゃらないと思いますので、

実質、VPSサーバーのみの月1,000円程度かと思います。

FX自動売買を始めてみたいな♪

始めるのはまだ怖いけどもっと知りたい

という方は、下記の記事をご覧ください。

に投稿

FXってロスカットすると元金の何倍もの借金ができてしまうの?

FXの取引は資金の1000倍などで取引するため、ロスカットすると資金×1000倍の借金となってしまう

などと思っている方いらっしゃいませんか?

私も以前はそう思っていました。

FXで取引する際、レバレッジという制度があり、1000倍などで取引できるようになります。

レバレッジとは、証拠金を担保に保有資金以上の取引ができる仕組みのことです。 例えば、1,000円の証拠金でレバレッジを1,000倍にすると、100万円分の取引ができるようになります。 国内FX業者の場合は、レバレッジの上限が25倍までと法律で規制されていますが、海外FX業者はその法律が適用されません。

https://www.bigboss-financial.com/column/fx-leverage-danger/

XMTraidingは海外の証券会社ですので、4万ドルまでは1000倍までのレバレッジを選択できます。

しかし、XMTrading ではロスカットしてもレバレッジ相当(1:1000の場合1000倍)の借金を背負うことはありません。

なぜならXMTradingではゼロカットというシステムが採用しているからです。

XMTrading(エックス エム)では、急激な価格変動などで取引口座の有効証拠金を上回る損失が発生した場合でも、お客様へ追証の請求を行わない「ゼロカット」(マイナス残高のリセット)を採用しています。これにより、お客様は入金額以上の損失リスクを一切負わずに、安心してトレードを行うことが可能です。

このゼロカットは、日本国内のFX業者にはないシステムのため、海外FX業者であるXMを利用する大きな魅力の一つとなっています。

https://xem.fxsignup.com/reason/zerocut.html

XMでゼロカットシステムを採用する理由

為替相場は、世界経済の動向や国内外のさまざまなニュースによって、予想以上に相場が大きく動いた場合、ロスカット(強制決済)が間に合わずにマイナス残高を抱える可能性がございます。

法律により残高補填(ゼロカット)が認められていない国内FX業者では、万が一、口座残高がマイナスとなってしまった場合、お客様へ追証(追加証拠金:口座残高がマイナスになった場合に追加で証拠金を支払わなければならない制度)の請求が発生するため、想定外の大きな借金を負うリスク があります。
一方、XMTrading(エックス エム)を始めとした多くの海外FX業者では、このような予想外の損失(入金額以上の損失)からお客様を保護するため、ゼロカットシステムを導入し、マイナス残高分を全額負担しています。このゼロカットシステムにより、お客様に追証の支払い義務が発生しないため、お客様が負う損失リスクは最大でも入金額までに抑えることができます。

https://xem.fxsignup.com/reason/zerocut.html

以上のように、XMTrading なら、もし最悪の場合ロスカットしたとしても元金以上の負担を強いられることはありません。

ただしまだ短い運用期間ではありますが、今のところ私もロスカットは経験していませんし、

お客様もロスカットした方はいらっしゃいません。

その分、FXにしてはかなり利益は控えめといえます。

それでも月利10%~20%ですので、半年~1年で元金分の利益※を得られるのですから、ロスカットするよりは絶対いいと私は考えます。

※私は100万の資金で、6か月で110万の利益を得られました。今思えばちょっと攻めすぎでしたが。。

日々の運用実績を知りたい方は、オープンチャットのご登録がおすすめです。

重要指標の配信も行っております。

■オープンチャット
「FX自動売買【指標&デモ口座実績配信】」

https://line.me/ti/g2/zWK_d0q_9q7RsJ1CIL8EhN3j66QK0GXN7ZQDzg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

に投稿

利益を引き出し(貯蓄)用口座に資金移動する

EAを運用する上で一番大事なことが資金管理です。
その一つが「資金移動」になります。

資金移動とは、出た利益をそのまま運用口座に置いておくのではなく、定期的に貯蓄用口座に利益を移動しておくことです。

万が一ロスカットになった場合、
運用口座に利益を置いたままにしておくと
せっかく出た利益までが吹っ飛びます。

これを防ぐために、できれば毎日、
少なくとも1週間に一回は利益を移動する癖付けを徹底しましょう!

資金移動の方法

①XMにログイン後、下にスクロールして「オプションを選択する」をクリックし、「資金振替」をクリックします。

②入金口座IDに貯蓄用として作った追加口座を選択する

③移動したい金額を「入金額」に入力「してリクエスト送信をクリックします。資金移動はすぐに反映されます。

※資金移動する際の注意

ボーナスも含めて運用をしている場合、
資金移動をすると移動した金額に応じて
ボーナスも一緒に移動してしまいます。

ボーナスが移動される割合の計算は下記となります。

残高10万円+ボーナス(クレジット)5万円 = 有効証拠金15万円

(例)1万円を移動した場合

 1万円の移動は、残高10万円に対して10%なので
ボーナス(クレジット)も5万円に対して10%の5,000円が移動される

→残高9万円+ボーナス(クレジット)4万5,000円 = 有効証拠金13万5,000円となる

(例)5万円移動した場合

5万円の移動は、残高10万円に対して50%なので
ボーナス(クレジット)も5万円に対して50%の2万5,000円が移動される

→残高5万円+ボーナス(クレジット)2万5,000円 = 有効証拠金7万5,000円となる

※ボーナスも一緒に無くなってしまうため、資金移動する時は有効証拠金が推奨金額/推奨ロットを下回らないように注意してください。

仮に、120万円/0.04ロットで運用していて、
資金移動をしたことによって上記のように有効証拠金が100万円を下回った場合、ロットは0.04ではなく0.03に変更しなければいけません。

そのまま0.04ロットで稼働すると、ロスカットのリスクが高まりますので注意しましょう!

資金移動はなるべく稼働していない時に行うか、

利確後ポジションがない状態で引き出す額を想定してロットを下げてから行いましょう。

に投稿

XMTradingの口座に入金する

口座の認証とMT4&EAの設定が済みましたら、口座に入金をしていきましょう。

※口座の認証とはXMTradingの本人確認の認証ではなく、EA開発者の認証です。認証後の入金でないとEAが正常に作動しませんので、ご自身の状況がご不明の際は、公式LINEよりお問合せください。

まずXMTradingにログインします。

自分のアカウントの入金したい口座を確認して、右側の「入金」ボタンをクリック

入金方法をクリック。

銀行口座の場合はLocal Bank Transferをクリック。

※クレジットか銀行振り込み以外の入金方法をご希望の方は、XMTradingのサポートにお問合せください。

Local Bank Transfer(銀行振り込み)をクリックしますと下記の注意事項が表示されます。

必ずご参照ください。特に2、3、4は重要です。

※入金方法が、現在は下記の方法とは異なる場合があります。

  1. 一回の最大送金額は JPY 3,000,000ですので、ご注意ください。
  2. 各参照番号は一度しか利用できないため、入金を行うたびに都度新しい参照番号を取得する必要があります。
  3. すべてのご入金は、XMTrading口座のご氏名と同じご氏名にて登録されている口座から、英語のアルファベットのみを用いて行ってください。
  4. 非常に重要: お振込み手配時に、お振込人名義にローマ字表記のご氏名の隣にBXONEの入金ページに記載されている参照番号を必ず追記ください。 振込人名義にお客様のご氏名や取得した参照番号のいずれかが欠けていますと、MT4/MT5取引口座への入金反映に遅延が生じます。
  5. お振込のご入金手配時に、送金者名の横に参照番号の入力ができない銀行から入金した場合は、ご登録済みのEメールアドレスから support@xmtrading.com 宛てにご入金を報告ください。そちらのEメールにお客様のMT4/MT5口座番号、送金額を記載し、対象の振込明細画像(送金日、送金額、送金者名、送金元の銀行名および受取人名等の関連情報全てが記載されたもの)を添付して入金をご報告ください。
  6. XMTradingは、国内口座へのJPY 10,000以上のご入金に伴い発生する手数料を負担いたします。(国内の振込手数料はこれに含まれません。) XMTradingが支払うべき手数料のみ弊社で負担いたします。お客様の銀行によって請求されるその他費用は弊社負担となりません。
  7. 入金金額が10,000 JPY,未満の場合、1,500 JPYの手数料が差し引かれて反映されます。
  8. 振込人名義が BXONEの入金ページに説明されている形式と同一である場合には、XMTradingはお客様の資金の着金後1時間以内にお口座へ資金を自動反映させ、お客様に確認Eメールを送付いたします。(土日および祝日は除きます)その後すぐにお取引を開始いただけます。振込人名義が上記のものと一致しない場合は、MT4/MT5取引口座への入金反映に遅延が生じます。
  9. 利益を含む、全資金の銀行電信送金による出金は、入金元へのみ行っていただけます。

注意事項を読まれましたら、下記に入金額を記載いたします。

こちらの入金額と振込額に相違がありますと、入金反映にお時間がかかるためご注意ください。

特に、ありがちなのは一気に入金しようと思って1,000,000JPY(100万円)と入金額を入力して申請したが、いざ入金する際に、銀行振り込み限度額が50万だったので2回に分けて入金した場合など、(私自身、この経験があります。。。問い合わせしたり大変でした。)

注意事項2にもありますが、「各参照番号は一度しか利用できないため、入金を行うたびに都度新しい参照番号を取得する必要があります。」とあるため、入金額に応じて参照番号(振込人名と併せて記入する番号)をその都度取得する必要があります。

下記の通り、振込先が表記されます。

※下記の画像は「例」ですので、実際の画像を必ずご確認ください

銀行名や口座番号、手続き方法も変更される場合があります

口座番号を振込人名の前に入力する場合もございます。

度々、変わることがありますので、必ず毎回、手順を確認して行なってください。

上記の内容を確認して、ご自身の銀行口座から振込手続きを行なってください。

名前も全て英字で入力する必要があります。

もし、こちらの番号を確認したあとに、予定していた入金額が振り込めない場合は、

初めからやり直して、振り込める入金額を入力し、参照番号を取得してください。

振込予定額と実際の振込額に相違があると入金の反映に数日かかるか、問い合わせが必要になる場合がございます。

万が一間違えてしまった場合は、サポートセンターにメールをして対応してもらってください。

サポートセンターメールアドレス: support@xmtrading.com

もしくは、XMTradingのマイページのサポートよりお問合せできます。

に投稿

MT4の動作を軽くする5つの方法

「MT4の動作を軽くする5つの方法」についてご説明いたします。

一つのVPSで複数のEAを動かしていると、

MT4が途中で固まってしまったり

肝心な時に動作が遅くなる

ということがあります。

これは、

MT4が大量のメモリを消費しているからです。

このメモリ消費を抑えることで

MT4の動作が軽くなり

最適な環境で取引をすることが可能です。

今この瞬間に手動決済したいのに

重くて動かない!!

なんてことになったら

不本意な損失に繋がってしまいかねませんので

ぜひ今すぐに設定を行ってください。

目次

1.チャートの最大バー数を最小限にする

まず一つめは、

「MT4のチャート最大バー数を減らす」

という作業です。

バー数とはローソク足の本数のことで、

過去チャートの表示やバックグラウンドでの

計算等を抑える事で、

メモリの消費量を抑えてMT4を軽くする

という効果に繋がります。

1、上部にあるツールをクリック

2、オプションをクリック

3、チャートをクリックし

ヒストリー内の最大バー数と

チャートの最大バー数を5000にする。

この変更をすることで、

MT4内部に保持されるローソク足と

価格のデータが少なくなり

消費メモリ量が少なくなります。

2.音声設定を無効にする

続いて2つ目は、

MT4の音声設定を無効にします。

MT4を立ち上げた時、

いつも音声が流れますよね。

これもEA動作に関係ありませんので

無効にしておきましょう!

1、音声設定をクリック
(上部のツール→オプションまでは①と同じ)

2、「有効にする」のチェックを外します。

3.ニュースを無効にする

3つ目は、

MT4下部のターミナルに流れるニュースを無効にします。

1、サーバーをクリックします。

(上部のツール→オプションまでは①と同じ)

2、1番下の「ニュースを有効にする」のチェックを外してください。

ここまで設定できたら最後にOKを押して

保存しておください。

4.気配値を削除する

4つ目は、

MT4左側に表示されている気配値を削除します。

1、左側にある気配値をバツ印で削除します。

こんな感じでスッキリします。

気配値は、EA運用されている方なら

特に必要ない項目だと思います。

この気配値は、価格の変動を

常に表示しているためメモリの消費量も

多少大きくなりますので

削除しておくことを推奨します。

5.余計なものは開かない

最後の5つ目ですが、

VPS上では必要のないものは全て閉じておきましょう!

例えば、Google Chromeや

LINEなどが開いていると

かなりのメモリを消費してしまいます。

特にMacだと、Chromeとの相性が悪いので

消費量が非常に高くなりますので、

MT4をダウンロードした後は

閉じておくようにしましょう。

あとは、

毎週VPSの再起動をしっかり行うことで

途中でフリーズすることはなくなります。

快適に動くということは

利益に直結することになります。

10分でできる作業なので、

必ず行うようにしましょう!!